1046ワークス24口

とーしろさんの趣味よもやま話の通用口。

「『四月は君の嘘』のヒロイン、宮園かをりちゃんの誕生日お祝い小説」


四月は君の嘘ファンの方にはおなじみ、
今日7月4日は
君嘘のヒロイン、宮園かをりちゃんの誕生日です。

 

f:id:itotetsu241046:20200110181755j:plain

  ©新川直司講談社/「四月は君の嘘」製作委員会

 

彼女は作中でとても印象にのこる存在で、
その誕生日は本作に触れた方にとって
とても忘れられない人も多いと思います。

 

自分もその一人で、この3年ほどはファンアートを描いたり、
彼女にフォーカスした短編小説を書かせてもらったりしています。

 

そのかをちゃん誕のお祝いとして、今年は
かをりメインの短編小説の二作目を書かせていただきました。

 

それがこちら。

www.pixiv.net

 

内容は、
本編後、三十歳になった公生が母校の音楽室でピアノを弾くと、
彼女と出逢った十四歳の春に戻っていた。

 

繰り返す十四歳の春のなかで、公生はかをりを助けるべく動き出す……、
というタイムリープモノです。
果たして結末は、原作と変わるのか?

 

これまでは、自分の短編小説はあくまで原作尊重、その延長としての
内容だったのですが、
今回は君嘘とかをちゃんを愛する人たちを思って、
公生とかをりの幸せな結末のひとつを模索してみました。

 

すべての人に受け入れられるとは思っていませんが、
楽しんでいただければ幸いです。

ついでに、昨年のかをり生誕祭で書いたかをり短編も紹介しておきます。

 

www.pixiv.net

 

こちらは、かをりの原作、アニメの1話の四月にいたる前日譚です。
いかにしてあの四月の公園に至ったのかを

自分なりにカレンダー解釈をして描いています。

 

あわせて楽しんでいただければ幸いです。

 

もうね、かをちゃんは忘れない、ですよ。
これからどれくらいお祝いできるか分かりませんが、
原作完結から5年を経ても、
まだこの日にかをちゃんの誕生日をお祝いしてくれている人が
ツイッタにもたくさんいることが、自分はとても嬉しいです。

 

そんな宮園かをりちゃんの誕生日お祝いを書かせていただきました。

 

ではでは~、
今年も、かをちゃん誕生日おめでとう!!!!ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ

 

 

 

「寒い季節の冷え対策関連のあれこれ」


今回は、タイトルにあるように、
季節柄のちょっと小ネタを
書かせていただきます。

 

寒いと体が冷えますよね、当たり前ですが。
冷え性の方や、末端冷え性でお困りの方には辛い季節ですし、
冷えることで出るなんらかの既往症をお持ちの方もいるかもしれません。

 

そんな中、自分が今回書くのは、
体を温めることででる変化についてです。

 

そもそも筋肉量が多い人ほどあまり寒さを感じないようです。
自分も十代後半から筋トレを長くしていたので、
2000年代は全然冬場の冷えは辛くなかったです。

 

それが10年代にデスクワークに移行して、
歩く量や運動量がさがって、徐々に足の(太腿なんか特に)
筋肉が細くなり、それに伴って足が冷えるようになりました。

 

その対策としてヒートテックのズボン下(古い言い方ではももひきともいう)
を冬場は必ず履いています。

 

この冷えと筋肉の関係。
冬場は寒くなり、血行が悪くなり、また筋肉を緊張させることで熱を発し、
寒さを緩和しようとしてしまうようです。

 

けどこれが過ぎると肩や腕周りなど特にですが、
それが筋肉のこりになり、
相互的に血行が悪くなるというながれがあるみたいです。

 

ここで大切なのが血行をよくすること。

 

行うべきは、
運動
(筋肉をほぐし血行をよくるするストレッチもですが
そもそも筋肉量を増やす筋トレも効果的です)

 

もしくは、
入浴
(簡単に血行を良くして筋肉のこわばりをほぐせます。
血流も改善される
民間ではかなりお手軽な冷えこり対策だといえます)

 

日常的には
防寒対策

体の内から温まる煮込み系の料理を摂る。

 

その防寒対策として、自分はさいきんになって(ようやく)
貼るホッカイロの存在を活用することがありました。

 

このカイロ、先日の大雪のなか歩き回ることがあり、
その雪中行軍の対策として
背中と腹に貼っていたのですが、
このお陰か凍えることなく帰還できました。

 

このあと、机に向かう際にも貼っていると、
じんわり温かくて(こりゃええわ~)とその効果を実感した次第です。

 

ところで、
上記などこういう行為によって体を温めると、
それまであまりそうした事をせずに冷えていた人ほど、
何らかの(個人によって症状の異なる)不調が出るようです。

 

腕が痛んだり、
関節が痛んだり、
胃腸がゆるくなったり。

 

これは、それまで冷えて不調だったこりや毒素が抜けていっている、
好転反応なんだそうです。

 

瞑眩(めんげん)

 

というそうです。

www.naturalwear.jp

 

この好転反応、それまで冷えていたのに珍しく温める対策をすると
一時的に「これは大丈夫なのか?なんかへん」という不安になる症状がでるようですが、
体が何らかの改善がされているときというのは、
こういう反応もするみたいなのです。

 

筋トレのスクラップアンドビルド
成長痛も
似たモノかもしれません。

 

もしくは、筋肉がこった状態で湯船につかるとじんわりくるアレとか。
これは案外、
気持ち良かったりする反応ですが。

 

なので、もし冬場に冷え対策をして何らかの不調を感じても、
それは一時的で、案外体が良くなっている傾向で、
しばらくすると不調のピークが過ぎて
なんでもなかったみたいになることも多いかもしれませんから、

 

あまり気にしなくてもよい、
ということを今回書きたかったのです。

 

ただし、そうした不調があまり長く続くようなら、
他の原因も考えられますので、
その場合は医師の診察を受けることをおすすめします。

 

まとめ。

 

今回の記事についてまとめると、

 

◎冷え対策として
防寒対策(衣類を着込む、ヒートテック、暖房、煮込み系の温かい食事)
入浴
ストレッチや筋肉をつける運動
カイロを背中などに貼って血行をよくするのも効果あり

 

◎そのさい、血行が良くなると一時的に不調を感じることもあるが、
これは
瞑眩(めんげん)という症状で
一過性なのでそのまま様子をみて大丈夫。
よほど長く続くようなら医師の診断を受けましょう。
別の問題の場合もあります。

 

ということです。

 


今回は、そんな冬場の寒さ対策関連のことを
書かせていただきました。

 

まだ2月と寒さ本番もありますが、
みなさんも風邪などひかないように体を温めてお過ごしください。

 

ではでは~。

 

 

 

 

「昨年末に処分予定だった廃品。お題「断捨離」」

お題「断捨離」

 


昨年末に防音処置としてDIYしたウチのあれこれ、
年内に処分できなかったのを、
処分しました。

 

年末は業者さんの都合で連絡がつかず、
それが数日前に突然電話がきて、

 

見積もりに来てもらって、
そく処分完了しました。

 

ふい~、
これで昨年やり残した仕事が片付きました。

 

今回は、ちょっと忙しかったので
さらっとこのくらいで。

 

ではでは~。

 

 

 

「氷炎将軍フレイザード急襲にレオナ姫の危機!『ダイの大冒険』第14話視聴感想」


今回は、アニメ『ダイの大冒険』の
第14話の視聴感想を
書かせていただきます。

 

不死騎団との戦いを終えて……。

 

ヒュンケルの捨て身の行動のお陰で、
なんとか助かったダイ、ポップ、マァム。

 

マァムは火山の煙を見て何やらモノ悲しげな様子。
ダイはバダックさんに鎧の修理をしてもらい、
それを物珍しげに見ています。

 

これは、マァムとは対照的に割と楽しそうなあたり、
ダイはヒュンケルのことは割り切っているのか?
彼が選んだ行動なら、それを引きずらないのがダイのメンタルなのか?
とも考えますが、クロコダインも生きていたくらいなので、
ヒュンケルももしかしたら生きていると信じているのかもしれません。

 

あれだけ強かった兄弟子ですし。
(ただダイが、クロコダインが生きていたことをこの時点で知っていたかは
そこそこ曖昧ですが)

 

落ち込むマァムを励ますポップですが、
恋敵(と一方的になっている)をフォローすることにこちらは歯がゆい思いですね。

 

三者三様。

 

しかし、マァムは自分の感情への自覚がないし、
ポップの気持ちにもてんで気づかないのですし、
心情を理解するこころ、頭はあるけれど、同時にがさつ系なのかもしれません。
これは僧侶の母と戦士の父の両方の特性が表れているともとれますね。

 

パプニカの生き残り。レオナ姫のもとへ。

 

レオナの居場所を探す方法として、
バダックさんの思いつきで神殿地下倉庫の信号弾をあげることに。
ところがまあ、火炎大地斬を試したはいいけれど……
そうなりますよね。

 

ダイは火薬というモノについてよく知らなかったのでしょうか。
モンスターアイランド育ちのダイなのに加えて、
鉄砲の存在が過去の遺物となっているくらいの火薬の存在価値な世界、
だからなのもあるかもですね。

 

ともあれ、その事故で気球がやってきて、
レオナの護衛のパプニカ三賢者の一人エイミと出会います。
でれでれするポップと、
レオナはどんな女の子かの話でじゃれあう三人。
嵐の前の安らぎですね。

 

レオナとフレイザード。

 

渦潮に阻まれる孤島の塔での潜伏。
食料も限りがあり、その処置でもめる臣下と
それに対してのレオナの威厳ある態度が描かれます。

 

王国の時期トップとしての存在感と、
でもみんなとくだけた調子で笑い合う親しみやすさがある、
レオナの魅力がより表れていますし、
ダイが必死になる気持ちにも共感があるかもしれません。

 

そんなレオナのいるバルジ塔にいきなり出現して襲いかかる
氷炎将軍フレイザード。

 

ところで、この塔をやや距離があるとはいえすでに視界に入れて
上空から俯瞰していたはずの気球ですが、
ダイやエイミたちからはフレイザードが塔に接近する様子が
発見されていません。

 

このあたりは、フレイザードがどうやって塔に近寄り、
その中のレオナたちのもとへ近づいたかが
やや不明瞭ではありますね。

 

炎と氷ですし、気体化でもして移動したとかでも
今風にはありかもしれませんが。

 

しかし、フレイザードの声、良いですね。
役柄にたいへんハマっています。

 

フレイザードの猛攻で窮地のレオナ。
ここでみせる気丈さは、
どんな危機でも最期の最期まで希望を捨てない、
そんな上に立つ者の資質を感じます。
ロモスの王様もそういうところありましたし。

 

そんなレオナのもとに二人を繋ぐ思い出のナイフの一投とともに、
ダイ見参!

 

魔法だめだめっ子だったダイが
メラも使って魔王軍の軍団長と渡り合うその成長に、
レオナも信じていた気持ちが報われてとても嬉しかったことでしょう。

 

今回は、ダイとフレイザード戦の開幕まで。
次回は勇者パーティと氷炎将軍フレイザードの戦いの第1ラウンドですね。

 

しかし、ネットではフレイザードがマリンさんの顔を焼かなかったとことが
やたらと語られていました。
……酷い悪役だからこそ、その撃破のカタルシス、爽快感も増しますし、
結構みんな、極アックな悪役、ヒール好きなところがありますからね、
このマイルドナイズはやや不満だったかもしれません。

 

あと、
ダイがエイミにパプニカのナイフを見せるのに渡すシーン。
原作ではダイに刃の向きや上下関係の作法は感じられません。
これがアニメでは、刃を自分に向けて、
上手の人に渡す持ち方になっています。

 

このへんは、アバン先生に指導された座学か何かで学んでいた、
という再解釈かもしれません。

 

それに対してのエイミの返し方は、
こちらが刃の向きに構わない渡し方だったのですが、
これはエイミが武人系で武器を扱わないから、
という演出意図かもしれません。

 

細かい点の修正も楽しい再アニメ化かもですね^^

 

今回は、そんなアニメ『ダイの大冒険』14話の感想を
書かせていただきました。

 

ではでは~。

 

 

 

 

「寒い季節にレタスをうまく利用するレシピ。お題「昨日食べたもの」「こだわりレシピ」」

お題「昨日食べたもの」

お題「こだわりレシピ」

 

 今回は、お題スロットから、
お題「昨日食べたもの」「こだわりレシピ」で
書かせていただきます。

 

今回はこちら。

 

f:id:itotetsu241046:20210115234116j:plain

 

 

レタス他野菜のトマトコンソメ

 

使用食材>(一人分多め)

 

ウインナー 100g分ほど
レタス 半分の2/3
トマト 1個
人参 5㎝
玉ねぎ 1/2
水煮大豆 好みの量

 

水 600ml
コンソメ 1/2
オイスターソース 大さじ1
料理酒 大さじ1
塩胡椒 少々

 

好みでショウガ、にんにく

 

 

調理手順

 

ざっくりいうと、野菜をカットして、順次コンソメ入りの水で煮込みます。

 

1、野菜をカットします。
トマトは角切りにして、ボウルにおいておきます。
水煮大豆は軽く洗って水を切っておきます。

 

2、フライパンに油をしいて、ウインナーを軽く炒めます。
さらに野菜加えて炒めます。
この時点での野菜は、
人参、玉ねぎです。

 

3、水を入れて、コンソメを入れて煮込みます。
沸騰したら中火にして、2分ほど。

 

4、2分経ったらトマト、大豆を入れて
更に2分半ほど。

 

5、料理酒を入れて、オイスターソースを回し入れて、
レタスを入れて蓋をして1分ほど煮込みます。

 

6、で、完成!

 

簡単ですね^^

 

これは、冬場であまり生野菜を食べたくないときに、
ちょっと加熱してレタスをしんなり、かつ温かくしていただくレシピとして、
ちょっと試してみました。

 

具材や味付けは柔軟に、臨機応変で良いと思います。

 

もし、レタス系など生野菜のこの季節の食べ方に迷ったとき、
参考にしていただければ幸いです。

 

今回は、そんなお題「昨日食べたもの」「こだわりレシピ」で
書かせていただきました。

 

ではでは~。

 

 

 

 

 

「素人ガンプラ制作記録・HGUCズゴックの改造①」


今回は、ひさしぶりに模型関連の記事を
書かせていただきます。

 

今回は、ファーストガンダムで登場した水陸両用モビルスーツ
MSM-07ズゴック
です。

 

こちらは
以前グフとヘビーアームズで行ったのと同様、
ガンダムWのAC機体と掛け合わせた
UC×ACカスタムで制作しています。

 

工作自体は2019年に行い完成していましたので、
ガンスタなどで見かけた方もいるかもしれない作品の
制作工程となります。
2020年のオラザクに一眼レフで撮影し直して投稿しようと
昨年前半から考えていて、
オラザクに出す作品をさきにブログで書いていいものか?
と思っていままでかかりました。

 

(模型サイトに先にアップするのもNGでは?
というご意見もありそうですが、
申し訳ありません、模型界隈の素人なので、
ご意見あれば勉強させていただきます)

 

では、前置きはこのくらいで制作記にまいりましょう。

 

キット開封の儀と素組み


1/144サイズのズゴック
掛け合わせるHGACサンドロックカスタム(EW機体)の
パッケージ画像です。

 

f:id:itotetsu241046:20210114230149j:plain

 

f:id:itotetsu241046:20210114230221j:plain

 

f:id:itotetsu241046:20210114230259j:plain

 

ここから、ズゴックは普通に素組みしました。

 

f:id:itotetsu241046:20210114230544j:plain



ずんぐりスキンヘッドの海坊主。

 

昔はあまり惹かれないデザインだったのですが、
今は無骨さと愛嬌があってかなり好きで、良デザインだと再評価しています
(というか、自分が時代に対して遅いのか……)

 

両手のクローをぐわし。

 

f:id:itotetsu241046:20210114230614j:plain

 

サンドロックは組まずにパーツを眺めて、
使えそうなモノを見繕っていました。

 

ジャンクパーツ扱いでごめんよ、サンドロック……。

 

でも、カスタムに際してはパーツを眺めているとアイデアが浮かびますよね。

 

次の記事で分かりますが、
掛け合わせる対象にサンドロックを選んだ理由は、
水中機体に砂漠戦のサンドロックのショーテルを持たせて、
砂地の蟹のハサミにしようというコンセプトだからです。

 

次回からカスタムに入りますので、
興味ある方はおつきあいくださると幸いです。

 

今回はここらで。
ではでは~。

 

 

 

 

「読書感想『ダイの大冒険』三巻 三条陸 稲田浩司」

 

 百獣魔団を打ち破り、ロモスの王様から船を借りたダイたちは
レオナ姫のいるパプニカ王国へ。

 

しかしそこは不死身の戦士たち六大魔王軍の不死騎団によって壊滅状態だった。
レオナの安否が気になるも、遭遇したダイたちと同じアバンの使徒ヒュンケル。
だが彼はアバンに恨みをもち、魔王軍団長としてダイたちに刃を向ける。
本巻はそのヒュンケルとの戦い。

 

実力差から、復活したあの男の力で一時離脱、
再戦に挑むダイとポップの協力呪文など、
本巻は特に人の助けや協力の絡み合いを見る。

 

そのうえで、ラストはヒュンケルの決死の同じアバンの兄弟弟子を助けることになったのは
三銃士のオールフォーワン・ワンフォーオールを感じる。

 

盾になることや自己犠牲というのは、戦う人間の男臭い 『力』 の世界
ならではなのではないか? と今回思った。
そりゃ自己の利益のビジネス資本主義教育では自己犠牲の精神は育たないし
廃れるのも道理。
この古きよき泥臭い精神は、果たして今の人たちにはどう映るのか、
それが興味深く感じた。

 


ではまた次の本の感想で。

 

 

 

「日本海側、北陸地方の大雪……この数日たいへんでした」


今回は、日記的に
書かせていただきます。

 

先週後半から日本海側で雪雲が発達して、
この数日、大雪になりました。

 

今日あたりは関東でもその雪雲により
雪となったかもしれません。

 

これは、中部の山々が冬場の西からの雪雲のながれをせき止め、
そのぶん日本海側では雪が降り、
そののち、太平洋側でも雪が降るという典型的な天候現象のようです。

 

その雲の動きの様子は
この数日、気象学者の方のTwitterで見させていただいていましたが、
今回は本当にお手本のような雲のながれでした。

 

その日本海側での大雪、
自分は北陸民なので、かなりダイレクトに被害にあいました。

いくつかその実例を書かせていただくと、

 

道は当然歩きにくいのですが、
(雪を用水で溶かす融雪装置があり、
大きめの道路ではセンターラインから用水を噴出して
雪をある程度溶かし、夜間も出し続けることで路面凍結を防ぐ
毎年の光景がみられました)

 

周遊バスはしらばく運休、
ローカル線と新幹線ともに風雪で運行に支障をきたし、
連日深夜に除雪車が動き回り、
廃棄物の回収はなく、
左義長もなく、

 

おそらく運送会社関連の動きにも支障がでており、
(長距離トラックとか延着しまくってることでしょう。
00年代数年、現場経験者なので目に浮かびます)
各家庭への配達も滞っているかもしれません。

 

それに当然、除雪車も動いています。
連日、深夜には各町内で除雪車が入り、
翌朝は道のわきにうずたかく雪の山ができており、
民家の住人はせっせと家の前の雪かきです。
出勤するにしても車を雪から掘り出さないとならないのもあります(汗

 

自分も家の出入りがしやすいように雪かきをしていました。

 

まあ、冬場の風物詩のようなモノで、
雪がつもると皆してやっていることです。

 

ただ、この数年個人的に厄介なのは、
すぐ近くの大きめの駐車場(法人)があり、
そこに雪が降り続けて積もり続けている連日、朝からずっと
(公道のものよりは小型ですが)除雪車が稼働していたのです。

 

これがまた、ぐわんぐわん音がうるさいのです。

 

まあこの近所みんなですけれどね……。

 

この雪で買い物も出づらい週末だったので、

音とそのせいで睡眠不足とストレスと、雪かきとで
なかなかハードな数日でした。

 

救いは楽しみにしていた映像作品を見られたりしたことですね^^

 

そんな大雪も今はやみ、
住宅街の道も一応、乗用車があるていど走りやすい状態になって、
除雪車もでずに済むくらいに状態は落ち着いています。

 

天候がこの1週間くらいは雨や晴れになるそうなので、
今の雪は解消されそうです。

 

ただ、一番は2月あたりなので、
まだまだ冬の陣はこれからですね……、
油断せず寒さ対策や雪への備え、
積もったときはしゃーないと思って対応していきましょう。

 

雪が積もる地域のみなさま方も、
またどの地域でも積もる時はあるかもですが、
温かくして風邪をひかないように、
対策や食事など、
健康に気をつけて今冬も様子を見ていきましょう。

 

今回は、そんな大雪についての日記的なことを
書かせていただきました。

 

うーん、こんもり積もった雪景色とか、
写真に撮れば良かったかな?
この地方の人間としてはあまり珍しくもないもので……。

 

ではでは~。