1046ワークス24口

とーしろさんの趣味よもやま話の通用口。

「ゲーム『ペルソナ4』の発売日から12周年!」

 

今回は、『ペルソナ4』関連で
書かせていただきます。

 

今日は、2008年に発売されたPS2用ゲームソフトの
『ペルソナ4』の発売日でした。
発売から12年。十二支が一周しますね。

 

f:id:itotetsu241046:20200710134523j:plain

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

 

当時まだバリバリにゲームをプレイしていた頃、
自分もペルソナ1からの本シリーズのファンで、
ペルソナ4もチェックしていました。

 

というか、発売日の深夜、日付が変わって店頭に並べられるのを
待って即購入するということを、
唯一やったタイトルだったりします。
今回はそのときのエピソードをとくに書きたいのですが、

 

買いに行ったのは田舎のツタヤでしたので、
それに当時のペルソナはそれほどメジャーなタイトルでもなかったので、
発売日の深夜に買いに来ている人はいませんでした。
自分だけかな~という感じで店内を携帯で時間をチェックして徘徊していたのです。

 

それで、深夜をまわり、店員さんがゲームの棚に新作の
本タイトルを並べました。
(事前に発売前のPVでディスプレイがされていて、
そこに本日発売!の見出しのついた見本品をおいていく感じですね)

 

それに自分がさっそく手を伸ばすと、
すぐ横合いからもう一人の手が。
どこにいたのか、お兄ちゃんが自分と同じ目的で
発売日の深夜にこのペルソナ4を買いに来ていたのです。

 

思わず互いに一瞬かたまって、お見合いになりました。
しかしほどなく自分が棚の商品ケースを取り、
彼も取り、レジに清算に向かいました。

 

……と、まあそれだけで、
その彼とどうこうあったわけではありません。
これをきっかけに交友が始まったということでもありません。

 

ただ、同じ目的をもってこのタイトルを発売の深夜日付が変わる
タイミングで買いにきた彼に、
お前もか、同志……!
となごんだ思い出がこのタイトルにはあるのです。

 

そして帰宅して深夜ですが速攻プレイしましたらば、
その内容が、
霧のでるマヨナカにテレビを見ると、
何やら見える……
というオカルトホラーの要素がありーのでした。
あはは。

 

そんなペルソナ4。
内容は田舎町で起こる連続殺人事件を、
精神を神話上の存在として具現化できる『ペルソナ能力』に目覚めた
高校生が追って行くお話。
マヨナカのテレビ。殺人事件。テレビの中の異世界。謎解き。青春。超能力。異形バトル。
そしてペルソナ(心の仮面)なので田舎者のルサンチマンなど
さまざまな心の闇や葛藤、そこからの成長が描かれる作品でもあります。
でも主軸はバトルとミステリー要素のあるゲームで小難しくありません。
むしろ、主人公たちの人間関係でじんわり泣けてきます。
イイ子ばっかりなんや……。

 

ただ、主人公は後の格ゲーでギャグフレーズとして
『鋼のシスコン番長』
と呼ばれています(笑)

 

この作品は2010年代にアニメ化もされており、
真犯人と隠れボスまで完全に描かれているので、
ゲームを純粋に楽しみたい方はネタバレ注意です。

 

自分はゲーム当時に真犯人になんとか辿り着いてクリアしたくちですが、
いやはや面白いゲームでした。

 

そんな『ペルソナ4』の発売日と、
その12周年のお祝い記念日として
記事を書かせていただきました。

 

ではでは~。

 

 

 

PCトラブル発生~!

今回は日記風で
書かせていただきます。

今日、パソコンを起動しようとして
ちょっとまごついてるな~と思っていると、
自動修復なるものが始まりました。

f:id:itotetsu241046:20200709223009j:plain

うーん、提示されるリカバリー方法を
スマホを片手に調べながら色々試してみましたが、
修復ポイントを設定していない、
バックアップディスクは作っていない、
などなどちょっと自業自得の不手際手のせいでてこずる状態です。
自分が新PCに移行してから半年、忙しいのにまかせて設定のアレコレをしていなかったツケがきましたね(汗)

それで調べていくと、
データなどを残したまま復元する方法として、usb メモリからwindows 10をインストール(のような。詳しくはなんというんだったか)してリカバリーする方法があるようで、それに賭けてみる感じです。

これでアカンかったらまあ、潔く業者に修理に出しましょう。
幸い、旧PC は残してあってまだネット他ちゃんと動くので、通常業務も進めて行きながら回復を試みます。

今はusb メモリの容量が大きい品を取り寄せ中です。
さて、どんな感じになるか……
武運を祈っていてくださいまし。

今回はそんなトラブル日記を
書かせていただきました。
それと本記事、
この機会にスマホで記事を書いて投稿してみています。
ちゃんとアップされてるでしょうか。

ではでは~。

「読書感想 『やがて君になる』5巻 仲谷鳰」

 

 侑の提案で生徒会劇のラストを変更することに取り組み夏休みが過ぎる。
 燈子に変わって欲しいと決めた侑と、
生徒会劇が終わったあとの自分に不安になる燈子たちは
水族館デートで相手への想いを確認する。
アニメではこの乗り換えですよ、で終了していた。
ここからは未知の部分。

 

 台本の変更に不服な燈子と反対しない沙耶香。
沙耶香も燈子は今のままではいけないとちゃんと分かってはいた。
彼女は燈子に踏み込むことを恐れていたから
それをした侑への負の感情もあるところを、
燈子を変えることで一致したあたりに
沙耶香も本気になったことが感じられる。

 

しかし侑も沙耶香も姉のようであることを間違いだということに
ストレスが募る燈子に扉を閉められる沙耶香と、
息詰まりわがままにでる燈子に正面対する侑の言葉に侑の男前を感じる。
これにより扉を開けてその先に進むことを決意した燈子は、いよいよ文化祭へ。

 

 男前でいえば茶化し役だった堂島くんが朱里の件では
これまでにない男前ぶりを発揮していた。
これは普通に考えたら二人のラブの可能性はアリだが、百合漫画だからなあ……?


ではまた次の本の感想で。

 

 

「はてなブログのデザインを変更してみました」

 

いつも当ブログにお越しいただいている方は
お気づきになったと思いますが、
このたび、上半期の忙しさもなんとか抜けたので、
ブログのデザインをいじってみました。

 

しばらくはこのデザインでいくつもりなので、
初めてお越しになった方もふくめ、
このデザインでよろしくお願い致します。

 

今回は、別のブロガーさんの記事から学ばせていただいた
デザイン変更の方法をまとめてみます。

 

実際に行った作業ですので、
これからデザインの細部をカスタマイズしたい方の参考になれば幸いです。

 

サイドバーのプロフィール編集

 

サイドバーのプロフィール画像と、
紹介文章の追加の作業について。

 

これはまず、
事前にPCのペイントなどでプロフィール画像を作成⇒
(画像はサイドバーの幅から、300pix×300pixくらいが良いようです)

記事を書く⇒画像を貼り、任意のプロフィール文章を書く

⇒下書きを保存⇒HTML編集で、コードをコピー⇒

f:id:itotetsu241046:20200707193223p:plain

 

メニューのデザイン⇒工具のアイコンのカスタマイズ⇒
サイドバーを選択⇒

 

f:id:itotetsu241046:20200707193257p:plain

 

 

モジュールを追加⇒HTML⇒空欄に下書きでコピーしたコードを貼り付ける
⇒適用をクリック。

f:id:itotetsu241046:20200707193355p:plain

f:id:itotetsu241046:20200707193415p:plain

 

これで大きめのプロフィール画像とプロフィール文章の追加ができました。

 

あとは、サイドバーのメニューで好みに名前の位置などを変更したり、
表示記事数の変更や、カテゴリーの追加もついでに行いました。

 

自分は今の色などにしましたが、
背景色の変更もカスタマイズからできますし、
背景画像の変更も既存のものから、
任意の画像アップロードでもできるようです。

 

以上です。

 

やってみると案外大丈夫なものですので、
この記事を見て興味を持った方はぜひ挑戦してみてください。

 

ではでは~。

 

 

 

「バットマンの映画レンタルの告知動画を見たのですが……?」


今回はちょっと小話を。

 

先日、近場のゲオに這入ったとき、
大型のモニタで新作レンタル作品の告知映像をみました。
バットマン』のワンシーンを見たのですが、
そのシーンの字幕でバットマンをバッドマンに空目しました。

 

あまりにしっかりバッドマンに見えたので、
あれ?バッドマンなのか?
バットマンだよな?
と疑心暗鬼になりました。

 

バットマンやアメコミヒーローをまともに視聴したことのない素人ですが
そもそもコウモリのバットでバットマンな筈ですよね。
なのに調べてみるとネットでは『バッドマン』表記が多々見受けられます。

 

これは単なるミスタイプ、誤表記なのか、
それとももしかして長いアメコミの歴史のなかで
派生キャラでバッドマンなる存在がいるのか……、
うーん、謎だ。
アメコミ詳しい方いたら、ちょっと教えてください~<(_ _)>
と思ってしまいました。

 

そんなオチもないちょっとした疑問のお話でした。

 

ではでは~。

 

 

 

「189した方がいいのか……近所の話しで恐縮ですが……。お題「#仕事と子育て」」


今回は、今週のお題「仕事と子育て」で
書かせていただきます。

 

本来、自分は子持ちではないので、
この手のことはあまり書くべきではない気もするのですが、
少し気になるエピソードがあるので、
そのアウトプットをさせていただきます。

 

タイトルにあるように、すぐ近所の話しなのですが、
10年以上まえにすぐ斜め向かいの空き家に老女が引っ越してきました。
その数年後、その息子か娘の子供を預かるようになりました。
それまではばあさんのことは気になっていなかったのですが、
ここからちょっと問題が生じ始めました。

 

そのばあさん、孫の世話を任されたのはいいですが、
扱いがたいへん雑で乱暴です。
孫が泣きわめくとたいへん大きな声で怒鳴りつけます。
どのくらい大きいかというと、
自分が帰宅するのに歩いてくると、その近所の四軒先まで
怒鳴り声が聞こえるほどです。

 

あと、孫も年数が経つ毎に増えていっています。
ベビーカーで買い物に行くのも見ましたが、
ある時は(日光に当てる意味は分かるのですが)
玄関にベビーカーを2時間以上放置して自分は家のなかでテレビを見ているみたいでした
(表に面した部屋からテレビの音が聞こえます。
その部屋からはベビーカーを出した玄関が見えるようではありますが)

 

このばあさん、とにかく血管が切れるのではというほど大声を張り上げています。
そのうち、子供が大きくなってくると、
ばあさんに負けずに大きな声でがなり合っています。
あげく、
「うるせえばばあ」と幼稚園児くらいがわめき出す始末。

 

この数年は、そのばあさんの成人した息子が仕事のあとで夕飯を食べに来ているのか、
(あまりの大声で彼らが窓も開放しているので、
聴きたくなくても聞こえてしまうのですが(げんなりさせられる)
孫の父親という会話の内容ではないのですよね……)
その中年まで大声でわめいて子供を鎮めようとする。
その孫の母親が迎えにくると、
その険のある子供への物言いも気になります。

 

うーん、近所の様子に聞き見立てて、何を言っているのかという意見は分かります。
自分と近所周辺に、そのお宅三代そろっての大声が聞こえて騒音で迷惑しているのもあります。

 

ただ、あんな風に静かにすることを怒りと怒鳴り声で強いられている子供が心配になります。
この数年は、末の女の子も預けられているようですが、
ばあさん宅にいても声がせず、
ばあさん宅から母宅に帰る車に乗るのをしぶって泣いていることが何度もあります。
……なんか、虐待の(精神的な苦痛という意味で)匂いすら感じるウチなのですよね……。
自分のウチも親がアレなところがあって、
自己防衛のために乱暴な口をきく時代があったので、
少しそういう気配を感じるというか……、

 

もしあのばあさんの孫の子供に何らかの害が今も潜在的にあったとして、
あの迎えに来ている、おそらく働いている母親はどう思っているのか?
仕事で忙しくてそれどころではないのか?
ばあさん宅での息子とばあさんと他の子供たちの間で
ひっきりなしに飛びかう暴言の現実を知らないのだろうか?
(うるせえ、だまれ、じゃかーしい!静かにせー!
豚、アホ、など程度の低い暴言が大声で飛び交っております。
静かにさせたいにしても、言い方があると思うのですが……
相手が子供だとなおさらですよ、今後を考えると)
と余計な心配をしてしまいます。

 

これ、189番とかを周囲が(そのばあさんの周りの近所が)意識しておいた方がいいのでしょうか?
あまりに大声でどなりつけていることが週に何度もあるばあさん宅なので、
しかも
ばあさん、息子、孫三、四人兄妹で三代そろって大声を出している家なので、
大声がうるさいというのもあるのですが、
あの人たち、とくに子供は大丈夫なのか?
と心配になります。
ときどき、ドン!という壁か何かを叩く音もしますし
(それはそのばあさん宅かは断定できません。その周囲の家からの
彼らへの抗議の音という可能性もあります)

 

あの子供たちの母親も、仕事か何かで手が回らないから
ばあさん(おそらくその母親の親)に子供の世話を任せているのでしょうけれど、
……これはちょっとなあ、と思わされるのですよね。
いや、本来近所のことに干渉はしないのですが、
あそこまで大声を(二〇一〇年代ずっと)ながく続けられると、
迷惑を通り越して心配になってきています。

どうしたものかなあ……と、今回のお題で
たいへん余計なこととは思うのですが、
一度書かせていただきました。

 

いや、本当、余計な話しに感じたらすみません。
でも、いろんな意味でなんとかならないものかなあ……。
小さい娘ちゃんが夜11時台の迎えの車に乗るのを泣いて渋って、
それを中年男性がいまいましげに声を荒げているのを聴いていると、
その子がかわいそうになるのですが……。

 

どなたか、お知恵があれば意見をいただけるととありがたいとも思います。

 

ではでは~。

 

 

 

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ

「『四月は君の嘘』のヒロイン、宮園かをりちゃんの誕生日お祝い小説」


四月は君の嘘ファンの方にはおなじみ、
今日7月4日は、
君嘘のヒロイン、宮園かをりちゃんの誕生日です。

 

f:id:itotetsu241046:20200110181755j:plain

 

彼女は作中でとても印象にのこる存在で、
その誕生日は本作に触れた方にとって、
とても忘れられない人も多いと思います。

 

自分もその一人で、この3年ほどはファンアートを描いたり、
彼女にフォーカスした短編小説を書かせてもらったりしています。

 

そのかをちゃん誕のお祝いとして、今年は
かをりメインの短編小説の二作目を書かせていただきました。

 

それがこちら。

www.pixiv.net

 

内容は、
本編後、三十歳になった公生が母校の音楽室でピアノを弾くと、
彼女と出逢った十四歳の春に戻っていた。

 

繰り返す十四歳の春のなかで、公生はかをりを助けるべく動き出す……、
というタイムリープモノです。
果たして結末は、原作と変わるのか?

 

これまでは、自分の短編小説はあくまで原作尊重、その延長としての
内容だったのですが、
今回は、君嘘とかをちゃんを愛する人たちを思って、
公生とかをりの幸せな結末のひとつを模索してみました。

 

すべての人に受け入れられるとは思っていませんが、
楽しんでいただければ幸いです。

ついでに、昨年のかをり生誕祭で書いたかをり短編も紹介しておきます。

 

www.pixiv.net

 

こちらは、かをりの原作、アニメの1話の四月にいたる前日譚です。
いかにしてあの四月の公園に至ったのか、
を自分なりにカレンダー解釈をして描いています。

 

あわせて楽しんでいただければ幸いです。

 

もうね、かをちゃんは忘れない、ですよ。
これからどれくらいお祝いできるか分かりませんが、
原作完結から5年を経ても、
まだこの日にかをちゃんの誕生日をお祝いしてくれている人が
ツイッタにもたくさんいることが、自分はとても嬉しいです。

 

そんな宮園かをりちゃんの誕生日お祝いを書かせていただきました。

 

ではでは~、
今年も、かをちゃん誕生日おめでとう!!!!ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ